• 宮下克彦

「BA.5対策強化宣言」の終了と「医療非常事態宣言」の継続について

県民の皆様のご協力により、確保病床使用率と新規陽性者数を減少に転じさせることを達成することができましたので「B A.5対策強化宣言」は予定どおり9月4日をもって終了となりました。


一方、医療供給体制には大きな負荷がかかっており、加えて秋の行楽シーズン到来の影響による感染の再拡大に警戒が必要な状況です。このため、「医療非常事態宣言」は継続されます。


県民の命を守り、暮らしと経済を維持するため、ワクチン接種の促進や自己検査の活用促進など引き続きご協力をお願いします。


最新記事

すべて表示

新型コロナの確保病床使用率は11月13日日時点で56.9%と50%を超えており、医療への負担が増大しています。オミクロン株の新たな亜系統や季節性インフルエンザに備える必要があります。このため、全県に医療非常事態宣言が発出されました。