top of page
  • 宮下克彦

医療特別警報の発出と感染警戒レベル5への引き上げについて

オミクロン株B A.5系統による感染拡大は増加し、昨日11月3日の確保病床使用率は38.8%となり全県に医療特別警報が発出されました。


また、諏訪圏域の直近1週間の新規陽性者数は1,066人で、人口10万人当たり549.94人となり、基準の450人を上回りましたので諏訪圏域の感染警戒レベルがレベル5(最大警戒)に引き上げられました。


季節性インフルエンザとの同時流行も懸念されますので、特に重症化リスクの高い高齢者等はワクチン接種、マスク、手洗い、メリハリある感染防止行動を心がけ、感染防止へのご協力についてよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

諏訪地域を含む県下全域で医療警報解除

2024年9月20日、新型コロナ感染症による入院患者が減少し、諏訪地域を含む県下全域で医療警報が解除されました。 今後も感染可能性の高い高齢者等のワクチン接種など基本的なご協力よろしくお願いします。

Comments


bottom of page