• tt

新型コロナウイルス感染症、県はレベルを6段階に変更

県は感染警戒レベルを3段階から細分化して以下のように6段階に変更しました。

1.平常時   感染者の発生が落ち着いている状態

2.注意報   感染が確認され、注意が必要な状態

3.警報    感染拡大に警戒が必要な状態

4.特別警報  感染が拡大しつつあり特に警戒が必要な状態

5.非常事態宣言(県独自) 感染が顕著に拡大している状態

6.緊急事態宣言(政府)  国民生活、国民経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある状態

諏訪広域は現在レベル2ですが、北信、佐久、上田の広域圏は感染警戒レベルが3に引き上げられました。レベル5に至るまでは原則感染防止策と経済活動の両立を図ります。

最新記事

すべて表示

受入可能病床数に対する入院者の実質的な割合が26.5%!

県は全県への「医療警報」及び全圏域への「新型コロナウイルス警報」の発出をしました。 3月中旬以降、急速に感染が拡大しており、変異株が県内においても確認されています。 4月7日現在、全県の受入可能病床数に対する入院者の実質的な割合は26.5%となるなど、医療提供体制に大きな負荷がかかっています。高齢者や基礎疾患のある方の不要不急の外出の自粛、大人数・長時間の会食の自粛等に協力して対応しましょう。