• 宮下克彦

諏訪圏域、感染警戒レベル4へ引き上げ

諏訪圏域においては、陽性者の確認が相次いでおり、

直近1週間(4月7日〜13 日)の新規陽性者数は32 人、

人口10 万人当たりでは16.65 人、となっており、

飲食の機会を起因とする複数の発生事例があり「感染が拡大しつつあり特に警戒が必要な状態」であると認められるため、諏訪圏域の感染警戒レベルを4に引き上げ「新型コロナウイルス特別警報Ⅰ」が発出されました。


特に、会食が必要なときには万全の対策を取ること、また感染拡大地域編訪問は控えるなど更なる慎重なご協力をお願いします。

最新記事

すべて表示

新型コロナの確保病床使用率は11月13日日時点で56.9%と50%を超えており、医療への負担が増大しています。オミクロン株の新たな亜系統や季節性インフルエンザに備える必要があります。このため、全県に医療非常事態宣言が発出されました。