top of page
  • 宮下克彦

9月3日から9月12日まで「命と暮らしを救う集中対策期間」が設定されます

全県の1週間当たり新規陽性者数はここ数日減少の兆しを見せていますが、感染力の強さや重症化しやすさが指摘されているデルタ株が広がる中で、確保病床使用率は50%前後で高止まっており、予断を許さない状況が続いています。


そのため、新型コロナウイルスの感染拡大を徹底的に食い止める観点から、全県の「特別警報II」を延長して9月12日までとするとともに、9月3日から12日までを「命と暮らしを救う集中対策期間」として対策を強化します。


県民の皆様にはこの間、人と会う機会を少なくし、会食に気をつけ、マスクと換気に徹底して注意をお願いし、各機関とも連携協力して対策をとっていきます。


最新記事

すべて表示

諏訪地域を含む県下全域で医療警報解除

2024年9月20日、新型コロナ感染症による入院患者が減少し、諏訪地域を含む県下全域で医療警報が解除されました。 今後も感染可能性の高い高齢者等のワクチン接種など基本的なご協力よろしくお願いします。

Comentarios


bottom of page