長野県会議員候補

宮下かつひこ

宮下かつひこ

長野県議会議員

暮らしやすく

力強い諏訪へ

県との太いパイプとなり

​諏訪のために迅速に仕事をします!

高齢者・女性・子どもに優しい街。

地元が熱望する諸事業の早期実現、

地域力を活かした産業振興を図ります。

新型コロナウイルス感染症 最新情報

1/26
 

まんえん防止等重点措置実施

まんえん防止等重点措置が政府により1月27日(木)から2月20日(日)まで措置されました。

県はその間、全ての圏域について感染警戒レベルを6とし、主に以下の対策に取り組みます。

◎県民・事業者への要請等

・混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出・移動の自粛を要請

・改めて原点に立ち返り、基本的な感染防止対策を徹底するよう要請

・職場、学校における対策徹底と家庭における対策等についての協力を要請

・ 大規模な集客施設に対し、まん延防止のために必要な措置を講じるよう要請

・飲食店等に係る時短営業の要請

・不要不急の県外との往来は、控えるよう要請

◎オミクロン株の特徴に対応した医療・検査体制の充実

・県内の医療機関のご協力による自宅診療を支える電話診療等の実施

・療養者数増加に対応するための健康観察センターの体制強化と機器類の整備

・宿泊療養施設の増設

・抗原簡易キットの確保


◎ワクチン追加接種の推進

・2月以降、県設置の接種会場を県下10広域に設置

◎経済活動を維持するための対応と事業者・生活者支援
・信州割及びアクティビティ割は対象を県民限定して継続
・酒販売店における地酒クーポン券の発行
・資金繰りなどの経営相談等の実施
・緊急的な食糧支援の実施等
 

飲食店には時短要請し協力金や支援金で支援していきます。イベント開催や公共施設の閉館などは県のホームページで確認して、感染を抑えて第6波をみんなで協力して乗り切りましょう。

1/24
 

まんえん防止等重点措置の予定

まんえん防止等重点措置は1月27日から2月20日まで指定される予定となりました。1月26日の県の本部会議で長野県の詳細な対応内容が決まります。

まんえん防止等重点措置になりますと飲食店への時短要請への協力金とともに国、県、市から事業復活支援金などの支援がありますので有効に活用してご協力をお願いします。

1/21
 

まんえん防止等重点措置の要請について

県全体の感染状況からまんえん防止等重点措置を政府に要請することが決定されました。

予定では、来週までに要請して1月末から2週間ほど指定される見込みです。

マスク手洗い喚気などさらに厳重な対応によりご協力をお願いいたします。

時短要請をお願いする飲食店には協力金が出ますが、まずは感染を抑えてから経済対策を打っていきますので最後の波を協力して乗り切りましょう。

1/19
 

諏訪市、富士見町が感染警戒レベル5に

諏訪地域の感染拡大状況により、諏訪市、富士見町が感染警戒レベル5になり、新型コロナ特別警報IIも発出されました。諏訪圏域全域がレベル5となりましたので、さらに慎重な行動によりご協力をお願いいたします。

ワクチン追加接種の可能な限りの前倒しや医療体制、検査体制の強化など、オミクロン株への対応もしていますので、感染不安を感じる無症状の方は積極的に検査を受けることをお願いいたします。

1/17
 

下諏訪町が感染警戒レベル5に

諏訪地域の感染拡大状況により、下諏訪町が感染警戒レベル5になり、新型コロナ特別警報IIも発出されましたので、地域間の交流にも留意し、さらに慎重な行動によりご協力をお願いいたします。

県外への訪問はなるべく控え、感染不安を感じる無症状の方は積極的に検査を受けることをお願いいたします。

1/16
 

茅野市が感染警戒レベル5に

諏訪地域の感染拡大状況により、茅野市が感染警戒レベル5になり、新型コロナ特別警報IIも発出されましたので、地域間の交流にも留意し、さらに慎重な行動によりご協力をお願いいたします。

人と会う機会をなるべく減らし、特に会食時には4人以上が同一テーブルにつかないなど、第6波の波を早めに乗り切るためにもご協力をお願いいたします。

1/15
 

岡谷市、原村が感染警戒レベル5に

諏訪地域の感染拡大状況により、岡谷市、原村が感染警戒レベル5になりました。

新型コロナ特別警報IIも発出されましたので、通勤や通学も含めてさらに慎重な行動によりご協力をお願いいたします。

 県はワクチンの集団接種前倒しや感染者待機のための宿泊施設の追加確保、医療体制などをさらに増強していますので、協力して第6波を乗り切りましょう。

1/13
 

全県的に感染警戒レベル4に

全県的な感染拡大状況により、諏訪地域を含む全県が感染警戒レベル4に(佐久、長野、大町、飯田地域などはレベル5)になりました。医療警報も同時に発出されましたので、さらに慎重な行動によりご協力をお願いいたします。
なお、感染防止と並行して可能な経済対策も両立するよう対策をとっていますので県のホームページを参考にご協力をお願いいたします。

1/6
 

全県的に感染警戒レベル3に

全県的な感染拡大状況により全県的に感染警戒レベル3に(佐久地域はレベル4)になりました。諏訪地域、木曽地域ではまだ感染者は出ていませんが、マスク、手洗い、3密を避けるなど、慎重な行動で感染予防に取り組みましょう。

なお、オミクロン株も県内での感染も判明しました。これを受けて県では感染不安を感じる県民の皆さんがどなたでも受けられる無料検査を1月7日から実施しますので、検査場所など県のホームページをご覧ください。

熱や倦怠感などの症状がある方の受診先の相談は
諏訪保健福祉事務所(諏訪保健所)0266-57-2930
新型コロナウイルス感染拡大防止については、下の各ホームページを参考にしてください

宮下かつひこ 県政だより 最新号  

vol.10  2022年1月発行
宮下通信_10_表7.jpg
宮下通信号_ 裏_7.jpg

諏訪地域創造の

原動力となります。

諏訪圏域の力の結集と、

諏訪市のポテンシャルの強化を図ります。

宮下五角形_元図.png

・諏訪湖SA・スマートICを、
   防災に配慮し早期実現
・国道20号線バイパスを開通させる
・諏訪地区のJR線の改良の実現

・高齢者に優しい諏訪をめざす
・子育てしやすい諏訪をめざす
・医療の最先端拠点化をめざす

・広域連携
・定住自立圏

・諏訪地区の観光振興・産業競争力の強化
・地域を支える若い人材の確保
・テレワーク推進、データ産業誘致
・東バル跡地に新産業拠点となる多目的ホール設置
・夢のある農林水産業の推進、名産品のブランド化

・エネルギー自立圏の形成
・諏訪湖を浄化し活かす
・諏訪湖サイクリングロードの早期完成実現
・霧ヶ峰縄文サミット開催
・国際スポーツ大会の誘致(SDGsの推進)

『県との太いパイプ』となり、

諏訪のために仕事をします。

35年間にわたり県の職員を勤めた経験と実績を、

諏訪地域の発展と皆さんのより良い暮らしのために活かします。

県のどの課の誰に、どう頼めばいいのか、

どう進めればスムーズに進むのか、を私は熟知しています。

地元諏訪を離れていることで見えてきた諏訪や長野県の課題。
県の行政の中にいることでよくわかった、行政・政治の仕組みと人。
それらを活用して、地元諏訪の課題を解決します。
子供たちの『みらい』と、お年寄りの『安心』を託せる諏訪に。

宮下かつひこ_edited.png

宮下かつひこ  プロフィール

昭和33年7月25日 諏訪市豊田有賀生まれ
家族構成:母・妻・子供2人・孫2人

昭和52年3月  諏訪清陵高等学校 卒業
昭和58年3月  同志社大学 経済学部経済学科 卒業
     4月  大蔵省関東財務局入局 理財部金融第一課
     7月  諏訪保健所
平成12年4月  諏訪建設事務所 用地課 課長補佐
平成20年4月  諏訪地方事務所 地域政策課 課長補佐
平成23年4月  佐久地方事務所 環境課長
平成25年4月  県庁環境部 廃棄物対策課 企画幹
平成26年4月  総務部人事課 企画幹
平成30年4月  参事兼総務部コンプライアンス・行政経営課長

​平成31年1月  県会議員出馬のため退職

​平成31年4月  長野県会議員初当選

  【元長野県職員・35年の歩み】

県衛生部

県林務部

県企画局企画課

県社会部障害福祉課在宅支援係長

企画局情報政策課長補佐

企画局課長補佐

兼財務課係長

総務部コンプライアンス推進室長

など、県行政の各部主要ポストを歩き、オールラウンドプレーヤーとして豊富な経験を積みました。

この経験を活かして市民の皆さんと一緒に働いてまいりたいと思います。

長野県庁
長野県庁

press to zoom
県職時代最後は長野県コンプライアンス部に
県職時代最後は長野県コンプライアンス部に

press to zoom
県職員時代・知事と阿部長野県知事と
県職員時代・知事と阿部長野県知事と

press to zoom
長野県庁
長野県庁

press to zoom
1/3