長野県会議員候補

宮下かつひこ

長野県議会議員

暮らしやすく

力強い諏訪へ

県との太いパイプとなり

​諏訪のために迅速に仕事をします!

高齢者・女性・子どもに優しい街。

地元が熱望する諸事業の早期実現、

地域力を活かした産業振興を図ります。

新型コロナウイルス感染症 最新情報

4/14

諏訪圏域の感染警戒レベル5への引き上げについて

訪圏域では、直近1週間の感染者数が前週の7倍に増加し、変異株の要請者数も多くなっていることなどから、県は諏訪圏域の感染警戒レベルを5に引き上げ特別警報Ⅱを4月29日まで発令しました。
特に人との接触機会を極力減らすこと、高齢者施設や飲食店の従業員の積極的な検査を行うなどの対策に、更なる慎重な行動とご協力をお願いします。
 

4/14

諏訪圏域の感染警戒レベル4への引き上げについて
諏訪圏域においては、陽性者の確認が相次いでおり、

直近1週間(4月7日〜13 日)の新規陽性者数は32 人、

人口10 万人当たりでは16.65 人、

となっており、飲食の機会を起因とする複数の発生事例があり「感染が拡大しつつあり特に警戒が必要な状態」であると認められるため、諏訪圏域の感染警戒レベルを4に引き上げ「新型コロナウイルス特別警報Ⅰ」が発出されました。

特に、会食が必要なときには万全の対策を取ること、また感染拡大地域編訪問は控えるなど更なる慎重なご協力をお願いします。

4/8

県は全県への「医療警報」及び全圏域への「新型コロナウイルス警報」の発出をしました。

3月中旬以降、急速に感染が拡大しており、変異株が県内においても確認されています。

4月7日現在、全県の受入可能病床数に対する入院者の実質的な割合は26.5%となるなど、医療提供体制に大きな負荷がかかっています。高齢者や基礎疾患のある方の不要不急の外出の自粛、大人数・長時間の会食の自粛等に協力して対応しましょう。

3/26

県では、県内における新規陽性者数の増加が、直近1週間(3月19日~25日)では7.60人となっており、県内7圏域で陽性者が確認されているため、諏訪圏域を含む全圏域の感染警戒レベルを2に引き上げ(既にレベル2以上である上田圏域、長野圏域及び北信圏域を除く)、「新型コロナウイルス注意報」を発出しました。今こそ、新たな日常生活に配慮して慎重に行動しましょう。

3/23

1都3県の3月21日の緊急事態宣言解除後の状況や北信東信地区の感染拡大など、3月以降新規感染者が増加傾向です。
社会経済活動を継続しつつ感染拡大を防ぐ対策としての、飲食店における人の距離の確保などの

信州版新たな会食のすゝめを普及させ、経済活動と両立させましょう。

29354.jpg

3/13

諏訪市出身の医師・小松ゆたかさんの4区事務所開所式が

3月13日の午後2時から諏訪市豊田の柿ノ木観光駐車場で行われました。

コロナ医療の充実が急務です。

医師であり、意欲と決意のある小松ゆたかさんをみんなで応援しましょう!

熱や倦怠感などの症状がある方の受診先の相談は
諏訪保健福祉事務所(諏訪保健所)0266-57-2930
新型コロナウイルス感染拡大防止については、下の各ホームページを参考にしてください

宮下かつひこ 県政だより 最新号  

vol.6  2021年1月発行

諏訪地域創造の

原動力となります。

諏訪圏域の力の結集と、

諏訪市のポテンシャルの強化を図ります。

未来

・諏訪地区の観光振興・産業競争力の強化
・地域を支える若い人材の確保
・テレワーク推進、データ産業誘致

安心
安全
県との太いパイプとなり
「地元・諏訪第一」を

・高齢者に優しい諏訪をめざす
・子育てしやすい諏訪をめざす
・医療の最先端拠点化をめざす

・諏訪湖SA・スマートICを、

   防災に配慮し早期実現
・国道20号線バイパスを開通させる
・諏訪地区のJR線の橋上駅・連続高架等の実現

・東バル跡地に新産業拠点となる多目的ホール設置
・夢のある農林水産業の推進、名産品のブランド化
・国際スケート大会の諏訪地区開催誘致

・諏訪湖を浄化し活かす(諏訪湖環境研究センターの実現)
・諏訪湖サイクリングロードの早期完成実現
・霧ヶ峰縄文サミット開催

活力
自然

『県との太いパイプ』となり、

諏訪のために仕事をします。

35年間にわたり県の職員を勤めた経験と実績を、

諏訪地域の発展と皆さんのより良い暮らしのために活かします。

県のどの課の誰に、どう頼めばいいのか、

どう進めればスムーズに進むのか、を私は熟知しています。

地元諏訪を離れていることで見えてきた諏訪や長野県の課題。
県の行政の中にいることでよくわかった、行政・政治の仕組みと人。
それらを活用して、地元諏訪の課題を解決します。
子供たちの『みらい』と、お年寄りの『安心』を託せる諏訪に。

宮下かつひこ  プロフィール

昭和33年7月25日 諏訪市豊田有賀生まれ
家族構成:母・妻・子供2人・孫2人

昭和52年3月  諏訪清陵高等学校 卒業
昭和58年3月  同志社大学 経済学部経済学科 卒業
     4月  大蔵省関東財務局入局 理財部金融第一課
     7月  諏訪保健所
平成12年4月  諏訪建設事務所 用地課 課長補佐
平成20年4月  諏訪地方事務所 地域政策課 課長補佐
平成23年4月  佐久地方事務所 環境課長
平成25年4月  県庁環境部 廃棄物対策課 企画幹
平成26年4月  総務部人事課 企画幹
平成30年4月  参事兼総務部コンプライアンス・行政経営課長

​平成31年1月  県会議員出馬のため退職

​平成31年4月  長野県会議員初当選

  【元長野県職員・35年の歩み】

県衛生部

県林務部

県企画局企画課

県社会部障害福祉課在宅支援係長

企画局情報政策課長補佐

企画局課長補佐

兼財務課係長

総務部コンプライアンス推進室長

など、県行政の各部主要ポストを歩き、オールラウンドプレーヤーとして豊富な経験を積みました。

この経験を活かして市民の皆さんと一緒に働いてまいりたいと思います。

宮下かつひこ後援会事務所

〒392-0026

長野県諏訪市大手1-14-5 

諏訪シティホテル成田屋2階

TEL.0266-75-1908 FAX.0266-75-1928

  • Facebook
  • 宮下克彦ツイッター
  • 宮下克彦nstagram

CONTACT US!

© 2019 Miyashita Katsuhiko  cooperated with Udream