• 宮下克彦

諏訪圏域の感染警戒レベルが4に

諏訪圏域の感染警戒レベルが4に引き上げられました。また、全県のレベルも3に引き上げられました。


直近1週間(7月23日〜29日)の新規陽性者数は21人、前週(7月16日〜22日)と比較して4.2倍と急増しています。複数の感染経路不明な事例や学校内での感染が疑われる事例などリスクの高い事例が発生しており、「感染が拡大しつつあり、特に警戒が必要な状態」であると認められ、諏訪圏域の感染警戒レベルを4に引き上げ、「新型コロナウイルス特別警報I」が発出されました。


県では7月22日から8月22日まで「感染対策強化期間」として第5波を防ぐ対策をお願いしています。協力して諏訪地域を守っていきましょう。


最新記事

すべて表示

新型コロナの確保病床使用率は11月13日日時点で56.9%と50%を超えており、医療への負担が増大しています。オミクロン株の新たな亜系統や季節性インフルエンザに備える必要があります。このため、全県に医療非常事態宣言が発出されました。